華やかな席にはキャバクラドレスを|一般女性も着やすいデザイン

ウーマン

ドレス選びのマナー

女の人

友達の結婚式に呼ばれたときに悩むのはゲストドレスだと思います。あまり地味すぎるものは嫌だけれど、どのくらいまでなら派手にしていいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦の2人です。かわいく着飾りたいからといって主役の2人よりも目立ってしまってはいけません。また、マナーがしっかりしていないと、自分だけではなく新郎新婦まで恥をかいてしまいます。友達がだらしないと新郎新婦までだらしない印象を親戚の方々に与えることになるのです。そうならないために、事前にしっかりとゲストドレスのマナーを把握しておきましょう。結婚式の招待状などに平服でお越しくださいと書かれることがありますが、注意しないといけないことは平服とは普段着ではないということです。新郎新婦が着る正礼装よりも格下の服のことを指します。結婚式で新婦が着るドレスには純白のものが多いので、白やオフホワイト1色のゲストドレスは控えましょう。メインは別の色でポイントとして白が入っているゲストドレスや小物として白を使うのは大丈夫です。また、着席すると上半身しか見えないため、上着が白1色のものも避けましょう。白以外には基本的に何色でも大丈夫ですが、派手すぎるものもやめましょう。黒は落ち着いた印象で好まれますが、喪服をイメージされないようにデザインや小物で工夫が必要です。また、露出の多い服や生足やサンダルは年配の方からの印象も悪くなるため避けましょう。