華やかな席にはキャバクラドレスを|一般女性も着やすいデザイン

ウーマン

シーンごとで使い分ける

婦人

結婚式やパーティなどドレスコードのある場所にお呼ばれした場合、どんな服装で行けばいいのか迷う人もいるでしょう。フォーマルドレスを着ていく、と言われても具体的にどんな服装なのか想像ができないかもしれません。フォーマルドレスとは一体どのようなものなのか見ていきましょう。フォーマルという言葉には正式な、という意味がありますがその服装に関しては具体的なきまりなどはありません。堅苦しくないといけないわけではなく、その場に応じてふさわしい格好であればよしとされています。相手に対する敬意を服装によって伝えるのです。フォーマルドレスや男性のコートなどは時間帯によって使い分けることが多いです。昼間の明るい時間帯とは違い、夜のパーティなどでは照明も暗いので、目立つ色や素材を用いて夜でもはっきりと見えるよう工夫します。また、一言でフォーマルと言っても、シーンに合わせてランクを使い分けます。一番各の高い正礼装は格式高い場所に適しています。結婚式では新郎新婦が正礼装を着るため、主役の2人以外はそれよりも格下の服装を着ます。また、式典や公式行事、入学式などにもいいでしょう。フォーマルドレスは、昼間はアフタヌーンドレス、夜間はイブニングドレスを用いて使い分けることが一般的です。正礼装の下が準礼装と呼ばれるもので、一般的なパーティなどで主に着用されるものです。あまり格式ばらず、しかしラフすぎない服装です。フォーマルドレスは、昼間はセミアフタヌーンドレス、夜間はカクテルドレスです。最後は略礼装と呼ばれるもので、簡単な披露宴や親しい間柄でのパーティに着用します。フォーマルドレスはインフォーマルウェアを着ます。