アフターピルメイン画像

アフターピルの注意点

注意喚起の画像

アフターピルはセックスで避妊に失敗した後でも事後避妊ができるように開発されたお薬です。緊急避妊薬とも呼ばれているアフターピルは立派な医薬品であるため、やはり副作用のリスクが少なからずあります。

アフターピルで報告されている副作用には、吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感、眠気などがあります。いずれもほとんどの場合軽い症状で24時間以内に治まります。しかし、極稀に強い症状が出てしまうことがあります。特に薬を飲んで2時間以内に吐いてしまうと、薬の成分が十分に吸収されていない可能性があり、再度アフターピルを服用する必要があります。吐き気や嘔吐が酷くなるかもしれないと思ったら、アフターピルと一緒に吐き気止めを服用してもかまいません。吐き気止めはアフターピルの効果に影響しないとされています。24時間を経っても副作用の症状が治まらない、重篤な副作用が現れた場合は、ただちに病院を受診しましょう。

アフターピルはすでに妊娠している方や妊娠の疑いがある方は、胎児に影響を与える恐れがあるため、飲んではいけないとされています。また、1度に複数錠飲んでも効果は変わらないどころか、ホルモン量が多すぎて強い副作用が出る危険性があるため、必ず決められた数の錠剤を飲むようにしてください。煙草を吸う方は、アフターピルの影響で血栓症のリスクが高まります。1日に15本以上吸う方はもちろん、喫煙習慣がある方は、アフターピル服用中は煙草を控えましょう。アフターピルはホルモンバランスを調整する薬で、人工的に生理を引き起こします。1回のアフターピル服用でも身体に負担がかかるため、常用することはオススメできません。アフターピルを飲む前に、副作用や注意事項についてしっかり確認しておきましょう。

 

Copyright(c) 2017 もっとまじめにアフターピルを買おうよ! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com