アフターピルメイン画像

アフターピルの作用

女性の画像

アフターピルは避妊に失敗した時に飲むことで妊娠する確率を下げるお薬ですが、具体的にどのようにして妊娠を防ぐのでしょうか。アフターピルには主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の成分が含まれています。これらは女性の体でもともと生成されるホルモンなのです。卵胞ホルモンは排卵期に多く分泌され、排卵の促進を行います。黄体ホルモンは生理が近づくにつれて分泌量が増えていき、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を増殖させます。アフターピルはこのホルモンの働きを活用しているのです。まず、卵胞ホルモンが体内に増えることで、脳が卵胞ホルモンは十分に分泌されていると認識し、卵胞ホルモンの分泌を抑えます。その影響で、排卵が起こりにくくなるのです。仮に排卵が起こってしまったとしても、黄体ホルモンが増えることで脳が黄体ホルモンの分泌を抑えるように命令します。すると、子宮内膜の増殖が抑えられて受精が起こったとしても受精卵が着床しづらくなるのです。このように、アフターピルは妊娠する流れを活用することで、妊娠をうまく防いでいます。避妊に失敗するケースはいくつも考えられます。コンドームの破損や低用量ピルの飲み忘れ、レイプなどです。そういった状況に置かれた場合に望まない妊娠から女性を救ってくれるのがアフターピルなのです。アフターピルは事前に入手しておくと良いでしょう。そのためには、通販サイトでアフターピルを購入することが必要です。病院でも処方されますが、すでに避妊に失敗した後でないといけません。通販サイトでは、いつでも好きな時にアフターピルが買えるので非常に便利ですし、まとめ買いで1箱の値段が安くなるので経済的です。

 

Copyright(c) 2017 もっとまじめにアフターピルを買おうよ! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com